使わないソファー処分方法

あなたも納得できるソファー処分で、お部屋をスッキリさせましょう!

不用品処分

使わないソファはどう処分すれば→処分方法と費用見積もりできます

使わないソファーはどう処分すればいいの

 

ソファーを使っている時は気にならないものですが、ソファーを処分しようとすると重い上に大きいので、自治体の燃えないごみ(不燃ごみ)や燃えるごみ(可燃ごみ)としては回収してもらえません。

 

粗大ごみに出す事が出来るとしても、重くて大きいので家の外の指定回収場所まで、運び出すまでが大変なのです。

 

使わないソファを処分する方法や費用などの見積もりについて、詳しくご紹介します。

 

    ソファー処分方法の紹介
  • ソファは何ごみ?

 

    ソファー3つの処分方法
  • ソファーを自治体の粗大ごみに出す処分方法
  • ソファーをリサイクルショップで買い取ってもらう処分方法
  • ソファーを回収業者に依頼する処分方法ソファ処分の見積もりできます

 

 

参考になる不用品回収業者のソファー処分費用を調べる
業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われる
こちらの

ECOクリーン

 

をご覧になって不用品回収業者のイメージをつかんでください。
あなたも納得できるソファー処分費用を調べて、お部屋をスッキリさせましょう!

 

スポンサー リンク

 

 

ソファー処分方法の難しさ

ソファーのサイズは型も重さもさまざまです。
ソファーの種類には1人掛けソファ、2人掛けソファ、3人掛けソファがあります。

 

それぞれのサイズや大きさ、重さなどによっても処分料金が違ってきます。

 

 

ソファーの素材や構造により違いますが、2人掛け以上なら重さは50kgを超えてしまうでしょう。

 

とにかく重くて大きいのです。

 

ソファーが重いのは構造にあります。

 

メーカーや商品によっても違ってきますが、ソファーが重いのは本体が木の枠で作られているからです。

 

そしてソファーによってはポケットコイルを使用することもあり、かなりの重さで出来ています。

 

 

ソファーを購入した時は業者が運んできてくれるのでいいのですが、ソファーを使わなくなって処分する場合、分解して家庭ごみの燃えないごみ(不燃ごみ)や燃えるごみ(可燃ごみ)として出すわけにも行きません。

 

 

そもそもソファを分解すること自体が大変な作業になります。

 

もし分解できたとしても、自治体によって大きさが決められていますから、大きさなどの規定があるので、超えていたら切ったりして短くしなければいけません。

 

そういった意味でもごみとしての回収してもらうのは困難でしょう。

 

 

スポンサー リンク

 

 

2.近くの不用品回収業者さんに引き取り依頼する!

リサイクルショップで売れない、引き取ってくれない場合には不用品回収業者にソファーを引き取ってもらう方法です。まず、不用品回収業者とはどんなところなのかを見てみましょう。

 

不用品回収業者が扱うもの

不用品回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで幅広く不用品の回収を行なってくれる業者のことです。営利を目的として商売をしているので、自治体と違い不用品を回収、処分するのに処分費用が発生します。基本的には有害のあるモノ、危険なモノ以外どのようなモノでも回収、処分してくれます。

 

参考になる不用品回収業者
業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われる
こちらの

ECOクリーン

をご覧になって不用品回収業者のイメージをつかんでください。

 

信頼のある業者に見積もりを依頼して、処分費用や対応を確認してから依頼すると、安心して気持よくソファーを処分することが出来ます!

 

自治体の粗大ごみ回収と違う所は、

  • 問い合わせをするとすぐに対応してくれる
  • ソファーの回収日はこちらの都合で対応してくれる
  • ソファーの運び出しを業者がすべてやってくれる
  •  

  • ソファーの回収、処分費用がわからない
  • どこの業者を選べばよいのかわからない
  • 自治体と比較して金額的に高いことが多い
  • と言ったことが考えられます。

     

    急いで処分したい時や引っ越しの際のソファーの処分であれば素早い対応をしてくれる信頼できる業者に依頼することが大切です。
    もし、引越しなどで時間が無い場合などは、不用品回収サービスを参考にしてください。

     

    スポンサー リンク

     

     

    ソファーを自治体指定の場所に持ち込み処分する

    ソファーの処分を自ら持ち込んで処分する方法で、粗大ごみとしては最も安く処分することが出来ると思います。

     

    粗大ごみの持込費用や処理するルールは自治体ホームページで確認をしてください。

     

    粗大ごみを自治体に依頼する場合は、自治体のホームページや粗大ごみの出し方ガイドを参考にしてください。

     

     

    粗大ゴミに出すのは面倒、すべて業者にお任せしたい方はこちらを参考にしてください。


     

     

    粗大ごみの出し方ガイド

    ソファーを自治体の大型ごみで処分の場合は

    自治体 ソファー処分方法
    自治体粗大ごみの出し方主な内容の紹介

     

    ソファーを運ぶトラックのイラスト

    ソファーを粗大ごみとして出す場合の出し方
    一般的に粗大ごみは品物の材質や大きさを事前に確認してから粗大ごみ受付センターに申込み、収集日・手数料・出す場所などの決まりをまもり適切に処理しなければいけません。
    しかし、地域によって粗大ごみの収集分別方法は様々です、お住まいの地域のルールに従いましょう。

     

    粗大ごみ収集に出す方法
    自治体別粗大ごみの出し方ページをご覧ください。

     

    スポンサー リンク

     

     

    ソファー3つの処分方法

     

    ソファを処分する方法として、次の3つの方法を紹介します。

    自治体の粗大ごみに出す処分方法①

     

    ソファーは各自治体によっては粗大ごみに出せる所と出せないところがあります。

     

     

    各自治体が行っている粗大ごみ回収は、ソファーも対象になっている場合もありますが、
    粗大ごみで出せる場合でも料金設定は、
    各自治体によって違います。

     

    各自治体ごとに粗大ごみの決まりがありますので、自治体のページを見てから判断してください。

     

     

    自治体の粗大ごみにソファーを出す場合のメリットは処分費用が安いことです。

     

    1人掛け用と2人掛け以上でも業者に処分してもらうよりは、かなり安い費用で済みます。

     

    自治体の粗大ごみにソファーを出す場合、自治体によってはスプリング入りのソファは回収していない場合もあります。

     

    それから粗大ごみ出だす最大の問題が、自分で家の前まで搬出しなければいけないというところです。

     

    ソファは1人掛け用でもかなりの重さがあります。

     

    また2人掛け以上の大きさになると、幅が大きいために部屋の外に出せないなど、外に出すのも大変です。

     

    これが2階とか3階となったら、とても搬出出来そうもありません。

     

    そういった搬出の問題が解決できるならば、自治体の粗大ごみに出して費用を安く出来るでしょう。

     

     

    ソファーをリサイクルショップで買い取ってもらう処分方法②

    リサイクルショップで買い取ってもらえるなら、ソファーの処分法としては理想的です。

     

     

     

     

    引越しなどで使わなくなったソファーで、まだきれいな状態ならば、リサイクルショップでもソファーの買い取りをしてくれます。

     

     

    リサイクルショップで買い取ってもらう場合は、買い取りなのでお金が入って処分が出来るというメリットがありりますが、ソファーに値段がつかない場合などもあるようです。

     

    それでも運び出してくれて、処分費用も掛からないなら思い切って処分するか、納得できないようなら別のリサイクルショップに、見積もってもらいましょう。

     

    リサイクルショップはソファーの買い取りの際に商品の査定をします。

     

    普段からソファーをきれいに使っていると、物によっては高い買い取り価格がつく場合があります。

     

    汚れや傷などがあると、買い取り価格が安くなったり買い取ってもらえないということになります。

     

    ですから過度な期待をしない方が、精神的にもいいかもしれません。

     

     

    使わなくなったきれいなソファーを、リサイクルショップで買い取ってもらう場合は、自宅まで査定や引き取りに来てくれるリサイクル業者を選ぶことが大切です。

     

     

    それでも買取がつかない場合には、リサイクル回収処分業者に依頼する処分方法もあります。

     

     

    ソファーを回収業者に依頼する処分方法③

     

    この処分方法はお金がかかりますので、まず見積もりをして納得してから、ソファーを処分するという事が大切です。

     

    粗大ごみ回収業者のホームページを見ると、見積もりが出来るようになっていますので、見積もりをしてから回収してもらえます。

     

    ソファーを早く処分したい場合
    見積もりを済ませその日に回収に来て、部屋から運び出してくれますので、何もしなくてもソファーの処分が早く出来るでしょう。

     

    粗大ごみ回収業者に依頼すると費用がかかりますが、マンションやアパートなど運び出すのが難しい場所でも回収業者が搬出してくれます。

     

     

    ソファー以外にも使わなくなった家具、古いベッド、机、テレビ、冷蔵庫など何でも処分してくれますので、まずは見積もりをしてから処分しましょう。

     

    家電リサイクル法に基づいた冷蔵庫の処分

     

    冷蔵庫の処分は家電リサイクル法の対象品ですから、自治体の粗大ごみに出すことはできません。冷蔵庫を処分するにはリサイクル料金とがかかります。また、大きくて重いものなので、自分で運ぶ出すのは困難です。

     

    【リサイクル料金とは】
    リサイクルプラントに運ばれた冷蔵庫は、解体され、鉄、プラスチックなどの素材ごとに分類され、再利用されます。また、フロン等の有害物質は適正に処理されます。
    こうした過程に必要なコストを負担するのが、リサイクル料金です。

     

    <例>大手メーカーの冷蔵庫・冷凍庫(内容積171L以上)リサイクル料金は、4,600円(税別)

     

    【収集・運搬料金とは】
    家電販売店が引き取った使わなくなった冷蔵庫は、「指定引取場所」という中継所に一時保管された後、リサイクルプラントへと運ばれます。

     

    このうち、あなたのご家庭から指定引取場所までの収集・運搬に必要な費用は、排出者が負担するようになっています。

     

    この収集・運搬料金は、各家電販売店がそれぞれ定めていますので、実際の金額は各家電販売店にお問い合わせください。

     

    冷蔵庫を処分する場合…リサイクル料金+収集・運搬料金=??

    家電リサイクル法による冷蔵庫の処分方法について、インターネットというメディアを利用して、冷蔵庫の処分情報を提供されています。

    冷蔵庫の処分をするときの注意点や冷蔵庫家電リサイクル受付先などを掲載していますので冷蔵庫処分について困ったときにぜひご活用ください。

     

    関連情報:

     

    パソコン本体の処分なら無料で出来ます。

     

     

     

    洗濯機・乾燥機の処分方法は?

     

     

    テレビの処分方法は?

     

     

     

    まとめ

    ソファーの処分三つの方法を紹介させていただきました。それぞれのソファーの処分方法をご理解いただき納得のいく処分をしてください。

    1. リサイクルショップで金額がつかなくても無料で引き取ってくれるなら処分する。
    2. 買取がつかない場合には、自治体の粗大ごみ処分料金と日数を確認した上で、自治体内の不用品回収業者に見積もりを出してもらってから判断する。
    3. ソファーの処分に高いお金が必要であれば、自治体に粗大ごみとして収集してもらう。

     

     

    ソファーの処分費用を調べるソファーの処分方法四つを紹介させていただきました。これらを参考にしていただき、不用になったソファーを安心して処分してお部屋をスッキリさせてください。

    スポンサード リンク